ニコスの過払い金が生活にもたらすもの

友人が、ビッグニュースと言って我が家にきたのは先週なんですけど、
彼女はニコスの過払い金が50万円以上もあったの、
と興奮して教えてくれたんです。
ただキャッシングした分を返済しただけで、
そんなお金になるとは思ってなかったので、それは驚きますよね。
しかも返済が終わったのは5年以上前で、
カードはほとんど利用していなかったので存在すら忘れていたらしいです。
このお金でソファを買うらしく、一緒に選んで欲しいとのことで来週行ってきます。

アロマの求人をみかけたので

嬉しいことに最近はアロマセラピストやエステティシャン、ネイリスト、美容師の
お友達が増え、気軽に相談しながら自分磨きを楽しんでいます。
自分でも頑張っているのですが、やはりプロにお願いすると違います。
時間を無駄にしないためにも定期的に施術を受けています。
さて、昨日はアロマオイルマッサージを受けてきましたが、
サロンにはアロマの求人が…。
店舗を増やす予定だそうで、
やはり世の中は癒しを求めている人が多いのですね。
私もすっかり癒されました。

今は臨床心理士の白衣もおしゃれですよ

友人に看護師や臨床心理士がいるので、お仕事の話を聞くこともあるのですが、
先日は看護師や医師向けに勤務先に届くカタログを見せてもらいました。
普通の通販カタログのようですが、中身は医療関係の商品ばかり。
驚いたのは普通に欲しいかわいさの物が多いこと。
キティちゃんのついた医療用はさみや聴診器も色とりどりでかわいいんです!
有名デザイナーがデザインしたナース服や白衣なんていうのもあるんですよ。
私も普通に欲しいです(笑)。

サーフィンスクールの湘南店に見学に

実はわたし、サーフィン@マガジンを愛読しています。
時間が出来たらサーフィンスクールに通いたいと思っており、
定期的にチェックしているんです。
この春からやっと時間ができそうなので、
先日神奈川県のサーフィンスクール情報を調べたんですが、
結構店舗数がありました。
その中のとあるサーフィンスクール湘南店へ見学に行って参りました。
これからはスタイリッシュなサーフィンライフを過ごしたいものです。
早速通ってみようと思います~

良いデザインの看板を真似ても簡単に上手くはいかない。

最近はPCのアプリケーションの普及によって
個人間のデザインが大幅に行われるようになりました。
とはいえ、デザインの勉強をしている人とそうでない人のデザインの差は歴然で、
一目見ただけで優れたデザインか駄目なデザインか判別可能です。
即ちそれは、お洒落であるか、お洒落でないかであるのですが、
困った事にこれを判断する目もデザインを学ぶ過程で、
鍛えられ取得できる技術でもあり、
良いデザインをすぐに真似できるではないのです。
街でキレイな看板を見て、真似て作ったはずなのに
なんだかしっくりこないのはこういうことですね。
良いデザインを作りたければ地道にデザインを学ぶが近道なようです。

野菜不足になるとスタイルに影響がでますよ

おしゃれなライフスタイル=野菜中心の食事という感じがしませんか?
食卓には毎食サラダや温野菜、お鍋なんかが並ぶのが理想…ですよね~!
女性誌の食卓のレイアウトを見るとため息が出ます。
そう、最近野菜不足なんです。。
野菜不足になると、まずお肌の調子が崩れます。
今なら乾燥が気になりますよね。
そして、ウエスト周りや足のむくみにも影響が…。
ここまでくると取り戻すのに時間もお金もかかりますから!
日頃の心がけが大事ですよね。

観葉植物の一つでも

狭く、殺伐とした空間にいると人は
自然と簡素で味気ない気持ちになって来ます。
逆に広く自然な場所にいると心にもゆとりが出来たりもします。
「朱に交われば赤くなる」の諺よろしく人は、
環境に順応する能力があるのですね。
なので、いくらお洒落な生活を目指していても、
部屋が汚く散らかったままではいつになっても達成する事ができません。
まず、必要のないものは処分し、掃除をして部屋に
観葉植物の一つでも置いてみればグンとライフスタイルは
お洒落なものなると思います。

書類保管の相談を受けて…

私はものをためこまない主義で、部屋はけっこう生活感が無い方かと思います。
友人から言わせると「生活感がまったくない!」とのことらしいですが(笑)。
これくらいが落ち着くんです、私。
さて、この友人はものを溜めこむ主義?で旦那様はなんと作家様。
ということは本や書類が大変な量になるそうで、
IT化と並行して、書類保管も検討しているそうです。
相談を受けたのですが、私にできることは断舎利くらいかしら…(笑)。

なんでも屋さんのライフスタイルは?

仕事柄、いろんな職業の方のライススタイルを知る機会があるんです。
おしゃれな職業の方は、ライフスタイルもおしゃれですが、
どんな職業の方でも、ライフスタイルにこだわりを持っている方が多いので、
お話をお伺いするのが楽しみです。
先日はとある飲み会にお誘いいただいて、
いろんな方のライフスタイルをお聞きしたり、
写真を見せていただいたりしました。
その中でも、なんでも屋さんという珍しい職業の方がいらしたんです。
とても面白かったので、今度まとめます。

井之頭病院のお世話になる前に。

学生の頃は、禁止されている事を破る事がカッコイイという
子供地味た風潮をもつものです。
煙草やお酒など必要がないものに、わざわざ手を出したりします。
しかし、社会に出てそれらが禁止でもなんでもなくなると魅力もはなくなり、
下手をすると依存だけ残り悪習慣になることもあります。
近所の井之頭病院ではアルコール依存の治療を行っているようですが、
やはり依存はカッコイイものではありません。
そこで治療を受けている方もそれを治すため来ている
と考えると正しい考えでしょう。
映画・ドラマでは、それらマイナスの要因がドラマを発展させたりしますが、
現実はなかなかどうして上手くいかないものんですよね。

 

どんなライフスタイルも隙間風・水漏れの前では…。

ライフスタイルを確立する上で、
重要なのが「どういう方向性の暮らしにしたいか」。
近代的な家電でスタイリッシュな暮しなのか、
ナチュラルな家具や観葉植物に囲まれたいのか、
それとも北欧家具・アンティーク調で統一したいのか。
部屋が汚い人に共通しているのは、一貫性のなさです。
あえて混沌さを演出する場合でもおのずと規律が生まれるもですが、
それもない事が往々にしてあります。
お洒落にしたいならまず自分の好みをがっちり固めて、
ぶらさない事が必要です。
とはいえ、方向性云々の前に隙間風・水漏れ等ある部屋だったら
演出もなにもないのですが…。